ドイツ語学習で成長した自分 -Takutoの場合-

    教室だより
    https://deutsch-fit.net/wordpress/wp-content/uploads/2021/09/takuto.jpg

    こんにちは、スタッフのTakutoです。
    突然ですが、みなさんは言語学習によって「自分は成長したなぁ」と感じたことはありますか?

    今回は「ドイツ語を学んで、成長した自分」について、僕の場合を例にお届けします。

    1. 自分に自信がついた

    幼少の頃、僕は人生初のヨーロッパ旅行で、家族にベルリンに連れて行ってもらいました。ドイツ語が全く分からず、街中の広告の絵を頼りに「あれはスーパーっぽいな」「コスメティックのお店かな」という感じで情報を収集しながら楽しんでいました。

    ただ「もっとスムーズにいろんなことを楽しめたらなぁ」というモヤモヤ感は残りました。例えばショーウィンドウで「おもちゃ(っぽいもの)」を見ましたが「本当におもちゃ屋かな、まぁいいか〜」と半ば自分に言い聞かせながら帰国した経験があります。

    時は変わり留学で渡独。当時のドイツ語力は中級者レベル。辞書片手に銀行口座を開設、苦労しつつもなんとか攻略しました。また、初めて見た料理「シュパーゲル(ホワイトアスパラ)」についてドイツ語で現地の方に質問。これが美味しくて大当たり!心底「ドイツ語やっててよかった」と思えた瞬間でした。もちろん、おもちゃ屋さんでドイツのおもちゃの世界(特にボードゲーム)を堪能。今では、ボードゲーム大すっきこちゃんです。
    ドイツ語学習で成長した自分 -Takutoの場合-

    言葉が通じると行動範囲が広がるし、新しい世界を発見できてとても面白いです。加えて「案外、自分ってやればなんとかなるやん!」といった自信に繋がったことも、大きな変化でした。

    2. 自分の世界が広がった

    ドイツ語を学ぶまでは「ドイツ」=「ソーセージとビールの国」というイメージだけだったのですが、学習を続けるにつれて街中にある「ドイツ(ドイツという文字だけじゃなく国旗の色も….含めて)」に敏感になっていきました。
    ドイツ語学習で成長した自分 -Takutoの場合-

    例えば、以前はコスメティック商品に興味はなかったのですが、今では「ドイツ発」という言葉に惹かれ、NIVEA(ハンドクリームなど)やKneipp(アロマ系)に関心を抱くようになりました。「世界が広がる」という点では、言語は確かに自習できますが、他の人と一緒に学ぶと「語彙力の増え方」が変わります。関心分野だけでなく、発言や質問を通して、新しい世界(=異なった意見、単語や表現)を発見できます。

    3. 英語がより理解できるようになった

    これは、個人的にドイツ語を学んでとてもラッキーだと思えることでした。
    同じ言語グループに属しているためか共通項目が多く、ドイツ語を学んでから英語を振り返ると、「あ〜そういうことだったのか」と気づくことが多くあります。

    例えば英語では「SVOO」の文構造として教わった下の文章があります。

    I send you a letter.(私は君に手紙を送る)
    目的語=”you” & “a letter”

    「send は目的語を2つとる」といった説明に、当時の僕は頭がパンクしていました。

    でも、ドイツ語では日本語(「誰々に」「〇〇を」)と同じように3格と4格で明確です。

    Ich sende dir einen Brief.
    3格=”dir”、4格=”einen Brief”

    「なんて理論的」と思うと同時に、「英語はその3格や4格といった変化がなくなっただけか」と思えるようになりました。(英語力を伸ばしたいけど、今は英語が苦手という方は、一度ドイツ語に触れてみられてもいいかもしれませんね。)

    以上、僕の「ドイツ語を学んで成長した自分」でした。

    みなさんも、ドイツ語を学習されて起きた変化はありますか?また、これからドイツ語学習を始めようとしている方もぜひ、どんどん前に向かってチャレンジしてくださいね!^^。それでは、皆さん良い1日を!


    ちなみに宣伝です!「ドイツ語スタートアップ講座」秋の2ヵ月レッスン 11月開講
    https://deutsch-fit.net/menu/group/startup/

    関連記事

    TOP