大学入学共通テスト

大学入学共通テスト(旧:センター試験)は、各大学と独立行政法人大学入試センターが共同で実施する試験です。大学への入学を志願する方の高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的としています。毎年1月15日前後で実施されます。出願方法や試験会場などの詳細は、独立行政法人大学入試センターの公式サイトに掲載されています。

独立行政法人大学入試センター公式サイト: https://www.dnc.ac.jp/kyotsu/index.html

試験の出題形式は、これまでのところ「筆記試験:80分」のみです。例年、6〜7つのパートに分かれており、計50問程度解答する試験です。各パートの出題傾向については、概ね以下の通りです。

パート出題傾向
第1問 【発音】 発音法則(長短など)、アクセントなど
【動詞の活用】 二人称・三人称、過去形など
【名詞】 複数形の形、グルーピングなど”
第2問文法問題
第3問語句整序+文法問題
第4問短めの文章の問題(日常会話文が大半)
第5問短めの文章の問題(日常会話文が大半)+図表の理解
第6問長めの文章の問題(物語)
第7問長めの文章の問題(学術的なテーマの文章など)

大学入学共通テスト おすすめレッスン

マンツーマンレッスン

レッスンでの主なサポート内容は、以下の通りです。
※個人のドイツ語能力に応じて、サポート内容を変更する場合があります。

ドイツ語の基礎能力の向上
ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)「A0〜B1レベル」のドイツ語力を学習します。
過去問を中心としたトレーニング
本試験の形式に慣れるため、過去問を中心としたアウトプット練習を実施します。
パート別の対策
「出題傾向」や「パート別の問題回答のアプローチ」を解説します。
背景知識の解説
本試験では、ドイツの日常生活や文化的な背景を含んだ実用的な文章が扱われているため、背景知識についてもご紹介します。
過去問の採点およびフィードバック
ドイツ語力の推移を把握するため、過去問にチャレンジして頂き、点数の変化推移の把握をお手伝いします。また、弱点克服、得意分野の強化などの方針をご提案します。

マンツーマンレッスンの詳細はこちら

TOP