ドイツのタクシー

    日独まとめ

    タクシーに乗る

    駅前等にあるタクシー乗り場からの利用が一般的です(走っているタクシーをつかまえる「流し」はほぼありません)。乗車前、窓越しに運転手さんに目的地を伝えて利用可能か確認する人も多いです。ドアは手動で開閉します。助手席に乗ることも出来ます。

    タクシーから降りる

    料金メーターがお客さんから見えるところに付いています。料金は(サービスが悪かった場合を除き)チップを含めて払います。チップは料金から1~2ユーロほど付け加える(セントはユーロ単位に切り上げる)とよいです。

    やりとりが難しい場合、まずはチップなしで料金を支払い、その後チップ相当額を「Für Sie.(英”for you”)」と言って渡すのがおすすめ。トランクに荷物を積んでもらった場合等はさらに1ユーロ程支払うとよいでしょう。

    https://deutsch-fit.net/wordpress/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

    運転手さんとの会話も楽しんでみましょう。小さな出会いも旅の魅力ですね。

    関連記事

    TOP