ニーダーザクセン州

    日独まとめ

    Land Niedersachsen (ニーダーザクセン州)

    ドイツで2番目に大きい州で、国内最長のサイクリングロード網が整備されています。北部は「デルタの湿地帯」などの低地が多く、また南部はハルツなどの山並みが続きます。フォルクスワーゲンの本社があり、地の利から風力発電など代替エネルギーの開発・運用も盛んです。

    Hannover (ハノーファー) – 州都

    王宮、庭園、公園など緑が多い落ち着いた都市です。中心街の道路にひかれる赤い線を辿ると街を一周、散策できます。

    ハノーファー
    市庁舎
    最上部展望台へは傾斜に沿う珍しいエレベーターで
    ハノーファー
    ヘレンハウゼン王宮庭園
    バロック様式の庭園はハノーファーの遺産
    ハノーファーオペラハウス
    世界でトップ20に数えられる

    Hameln (ハーメルン)

    子供約130人が忽然と姿を消した「笛吹き(ネズミ捕り)男」の伝説で有名で、メルヘン街道の中ほどにある中世から続く神秘溢れる町です。

    ハーメルン
    デンプターハウス
    ハーメルン
    ヴェーザー川
    ハーメルン
    ネズミ捕り男の家(左)と
    マルクト教会と結婚式の家

    Goslar (ゴスラー)

    Harz(ハルツ)地方にあり、細い路地が多く木組みの家々が立ち並びます。このエリアにある「ブロッケン現象」で有名なブロッケン山には昔から魔女が住むという様々な伝説があり、魔女グッズのお土産やさんがいっぱいあります。ガイドツアーで坑道を歩けるRammelsberg(ランメルスベルク鉱山)にも訪ねておきたいです。
    ゴスラー

    Wolfsburg (ヴォルフスブルク)

    フォルクスワーゲン本社のある町で、周囲には関連会社や工場が林立しています。アオトシュタット(見学可能な工場)は一見の価値ありです。

    ヴォルフスブルク
    アオトシュタット
    ヴォルフスブルク
    ミッテルラント運河と発電所
    ヴォルフスブルク
    ヴァルフスブルク中央駅

    画像提供のご協力 (C)Ihara

    関連記事

    TOP