幸せの象徴

    日独まとめ
    ドイツ 幸せの象徴
    四葉のクローバー
    4つの葉は希望・愛情・信頼・幸運だといわれています。十字架にみたてることもできます。通常三つ葉でその変異体が四葉といわれています。
    ドイツ 幸せの象徴
    ブタ
    中世ドイツの競技で最下位の人にブタが進呈され「残念だけどブタがもらえて幸せ」とされたのが由来。ブタの人形やお菓子は結婚式のプレゼントにも。
    ドイツ 幸せの象徴
    煙突掃除の人
    中世ドイツでは各家庭に煙突があり、掃除人が年始に前年分の掃除料金を集金する際「幸せがありますように」といってまわったのが始まりだとか。
    ドイツ 幸せの象徴
    テントウムシ
    かわいらしいボディーながらアブラムシなどの害虫を駆除してくれる、ありがたい存在。聖母マリアの虫「マリエンケーファー」とも言われます。
    ドイツ 幸せの象徴
    コイン
    幸せの象徴。どちらかというと経済的な側面があります。
    ドイツ 幸せの象徴
    きのこ
    カラダによい食べ物とされ、どちらかというと健康・美容的な側面があります。
    ドイツ 幸せの象徴
    蹄鉄
    馬のヒヅメに装着されるU字型のものです。馬は幸せの象徴で、 蹄鉄のUを上向きにおくいいとされています。

    関連記事

    TOP