ハンブルク州

    日独まとめ

    Freie und Hansestadt Hamburg (ハンブルク州)

    1189年に関税特権と経済特権を得、1618年には帝国裁判所がハンブルクを自由都市と宣言。人口約170万人でドイツ第2の都市で、エルベ川が北海へとつながる大河に位置する国際貿易港を抱えます。

    Hamburg (ハンブルク)

    英・仏の影響を色濃く受け、3つの国立劇場と35の私立劇場を持つなど、学術・芸術面でも多様な姿をみせます。町の中心にある内アルスター湖と外アルスター湖はアルスター川をせき止めた人工湖で、美しい景色を引きたてています。内アルスター湖にうつる市庁舎の姿も美しく、遊覧船観光も楽しめます。中世の面影を残す旧市街もオススメです。
    ハンブルク
    中央駅
    ハンブルク
    エルプフィルハーモニー
    コンサートホール・ホテル・アパート・店舗が入居する斬新なビル。2017年完成。コンサートの後、同じ建物で宿泊できるのが特長です。
    ハンブルク
    市庁舎
    112mの尖塔を持つ新ルネッサンスの建築物。内装は見学ツアーで。バッキンガム宮殿よりも6室多い647室というのがハンブルクっ子の自慢だそうです。
    ハンブルク
    レーパーバーン
    世界的に有名な歓楽街。多少治安の問題もありますので観光する時は充分な注意が必要です。

    関連記事

    TOP